女性のコンプレックスを解消する方法|処女膜再生などの手術を知る

微笑むウーマン

デリケートな悩みの解消

頭を抱える人

相談しづらい、比較もしにくいのが女性器のコンプレックスです。胸は銭湯や温泉、プール着替えなどで同性の胸を見る機会はあります。胸は比較がしやすいので、話にもしやすい悩みです。しかし、女性器となると友達にも話せる話ではないでしょう。まず、比較する対象を知らないので普通かそうではないのかってわからないものです。その中でも、格段に多い悩みが小陰唇の肥大化です。女性器の構造としてはまず外側の外陰部、その内側に尿道とか小陰唇があるのですが、この小陰唇の一対のヒダが外陰部からはみ出ている様子はありませんか。もしあるのなら、肥大化している恐れがあります。小陰唇の色素が沈着して黒っぽくしわしわになっている場合にもその傾向があると考えられます。座った時や、締め付けの強いズボンなどで痛みや不快感を感じることもあります。この悩みを解消するには小陰唇の縮小手術を行なう必要があります。縮小手術では小陰唇の肥大部の切除を行なって形と大きさを揃えて縫い合わせて整えます。傷跡や縫い後は目立たないことから、こっそり受けておく女性も多くいます。また、手術も30分から40分ですみます。切除と縫合しているので、縮小手術のダウンタイムとしては2週間程度から1ヶ月は必要と考えておいた方が良いでしょう。痛みが落ち着くのも2週間後あたりからだそうです。最低でも3日以上は休みをとって行なうのがオススメです。痔用のクッションと生理用ナプキンの準備をしておく必要があります。