女性のコンプレックスを解消する方法|処女膜再生などの手術を知る

女の人

胸はブラで育てるもの?

下を向く女性

胸が無いのに背中や脇に肉が付いているのなら、それは育乳ブラの出番です。脂肪が背中や脇に流れるのはブラのサイズやタイプが合っていない証拠です。ちゃんとしたサイズを確認して育乳しませんか。

詳しく読む

デリケートな悩みの解消

頭を抱える人

女性の悩みに多いのが、小陰唇などデリケートゾーンの悩みです。相談しづらく、比較もしづらいので「これは普通なの?」と不安になることも多いのです。小陰唇が肥大化している場合は縮小する手術もあります。

詳しく読む

処女膜の必要性とは?

婦人

処女膜再生で過去のリセットをしませんか。女性として生きてきていると、恋に落ちたり、誰かを愛したりといろいろなことがあります。中には忘れたい経験を持っている人も多くいます。そうした時間を巻き戻すことはできませんが、処女膜再生を行なうことでトラウマをリセットし、自分の心が前向きに進めるようになることもあります。そうした心のために処女膜再生手術を受ける女性も多くいます。もしくは、新しい関係に踏み出す時にその処女膜再生をしておく必要がある場合もあります。昔ほど純血を推すような風潮も無くなってはきましたが、やはり「彼女が初めてであってほしい」と思っている男性というのは意外といるものです。結婚や交際において条件としているような男性もいます。そうした相手に、処女ではないことを言えずにいる女性や、過去のトラウマや交際経験をなかったことにしたいと考えている女性にはこの処女膜再生手術を利用する方も多いのです。デリケートな問題ですが、隠し通すことで時には、相手を立てたり、傷つけずに済んだりします。また、処女膜自体は小さな穴の空いたネット上のものなので強度はそれほど高くありません。激しいスポーツを行なう女性によっては、処女膜が損傷して無くなっている場合もあります。「初めてだけど、もしかしたら膜が無いかもしれない」という女性が彼との性交渉の前に相談にくるケースもあるようです。障子紙程度の強度なので、異物挿入などで膜が損傷することもあります。気になる場合は受診してみましょう。

悩みをこっそり解消する

顔を覆うレディー

デリケートゾーンの悩みは人に言えない悩みばかりです。形や色、しまりや、臭いやかゆみ、おりものなど、さまざまなトラブルがあります。デリケートゾーンの扱いのポイントを押さえて対処しましょう。

詳しく読む